景観にとけ込むマテリアル

モリニアル若松台では、街の景観を乱すことがないよう、門柱や敷石、電柱など様々な外構設備の素材や色にも徹底した配慮を行っています。
また各住戸へのアプローチや、ガーデンファームへのアクセス階段などには、枕木などの天然木素材を積極的に活用し、調和を図っています。
(※写真はいずれもモリニアル若松台Part1)

玄関アプローチは枕木敷きで

門柱は環境との調和を意識して

電柱は着色し無機質さを緩和

駐車スペースの表面仕上げ例

シームレスな隣地境界

モリニアル若松台には、住戸間の境に高い塀はありません。
法面には芝生やクローバーが植えられます。
木々や草花がつくる豊かな森の光景を遮ることなくシェアする、その価値がこの街にはあります。