出窓越しにシンボルツリーを望む

シンボルツリーを望む位置に出窓を配置し、豊かな自然環境を屋内に居ながらにして享受できる居住空間を目指しました。
緑が優しく窓辺を満たし、光や風が部屋の隅々まで行きわたり、自然の息づかいや開放感を届けます。
人と自然がつながり、人と人の心が通いあい、将来にわたって快適な暮らしが楽しめます。

プライバシーの確保されたリラックス空間

リビングやバルコニーなどは、大きな開放感を求める一方、外からの視線は極力制限したいものです。
モリニアル若松台Part2では、各住戸の間取りを単体で決定するのではなく、隣り合う住戸のリビングやバルコニーの位置を調整し、互いに視線を避ける配慮を行っております。

プライバシー確保のためリビングルームに視線が向かないよう配慮しています。

バルコニーにそそがれる視線を極力減らすよう隣接住戸の間取りや窓の位置などを調整しています。