concept

大きなシンボルツリーを中心に「しずく型」の インターロッキング※1舗装の道が広がるクルドサック※2を採用。 心地よさから逆算した敷地境界は、オープン外構※3となっており、 隣棟間隔を広げ日当たりのよい空間を実現します。

※1 インターロッキング:石畳の道のようなブロック舗装 ※2 クルドサック:通り抜けできない回転道路 ※3 オープン外構:敷地の境界線に門扉やフェンスを設けない外構

この街のルール

  • モリニアル都賀の街並みは、「みんなの木」シンボルツリーのクスノキを中心に、道路、ゴミステーション、ゲーティングモニュメント、各邸の外構デザインによって構成しています。
  • 街の中心の道路「みんなの道路」は、全14宅地で持ち分を共有することで、全ての宅地の方が利用できる「共有部・共用部」となります。
  • 街の入口部分には、このモリニアル都賀のモニュメントを設置します。こちらは、全14宅地の持ち物となり、メンテナンスも全員で行います。
  • モリニアル都賀では、全14宅地で持ち分を共有するスペースがありますので、その運用ルールを管理する体制として、「住宅地利用運営委員会」を組織し、住民の皆様が参加して管理を行います。
  • 共有部・共用部の管理清掃業務は、住宅地利用運営委員会より、戸建住宅の管理業務を行っているグディーズエステイトアンドマネージメント(株)に植栽の管理などの専門的なサービスを委託します。(月1回の清掃・お庭の管理方法相談窓口)

みんなの広場の利用ルール

みんなの広場の楽しみ方

みんなの広場は、クスノキの木漏れ日を感じながら、広場で元気に遊ぶ子供たちがよく見えるように、クスノキと芝生張りの広場です。 みんなの広場のルールを守って、安全に心地よく利用しましょう。

買い物帰りの休憩、学校帰りに待ち合わせ。家族でランチ、プチピクニック、芝生で遊ぶ子供達を見ながらおしゃべり、ひなたぼっこ

広場でできないこと

  • 樹木や草花の採取
  • キャンプ、焚き火、寝泊まり、花火、ペットの放し飼い
  • 汚損、破損、破壊、工作物の設置
  • 近隣住民の迷惑となる夜間の大音量や異臭などを発生させること
  • 自転車やバイクの乗り入れ、スケートボード、インラインスケートなど
  • 張り紙、広告宣伝活動

安心・安全のため…みんなの道路は時計回りで

通路の中心の緑地帯は、コミュニケーションスペースであると同時に各宅地を結ぶ道路でもあります。 通勤通学時間帯は、車の出入りが頻繁に発生します。転回部の通行は、「時計回り」「左側通行」でお願いいたします。

VOICEモリニアル都賀にお住いのお客さまの声

全14邸南向きで日当たり抜群

拓匠開発の5つのお約束

地盤20年保証 建物10年保証 アフターサービス保証 プレミアムサポートサービス3年間 シロアリ5年保証

→ 拓匠開発のアフターサービスの詳細はこちら → 拓匠開発の住宅性能の詳細はこちら

※分譲地ごとにサポート内容が異なりますので、詳しくは担当営業にご確認ください。