「こんな暮らしがしたかった!」 を叶える、拓匠開発のLifeStyle提案

たとえば、ハンモックに揺られて眠る
休日の昼下がり。
たとえば、週末に
ウッドデッキでバーベキュー。
たとえば、趣味を堪能する
自分だけのガレージ。
私たち拓匠開発は、
お客様の豊かな暮らしをデザインします。

薪ストーブのある暮らし

パチパチとはぜる薪の音が、心地よく耳に届く。
子供たちは、床に積み木を広げて、どこまで高く積み上げられるか、兄弟で競っている。
妻はソファに座って本を読みながら、時々子供たちのほうへ優しい目を向けている。

ウッドデッキのある暮らし

朝目が覚めると、久しぶりの快晴!
すっきりと晴れた空と明るい陽光に誘われて、ついつい、部屋着のままウッドデッキへ。
大きく伸びをしたら、すっかりいい気分。よしっ、今朝はこのまま、ウッドデッキで朝食を食べようか。
「外で食べると、なんだかいつもより美味しいね」
なんて、娘も嬉しそう。
「週末は、久しぶりに友達を呼んでバーベキューでもしようか」
夫の声も弾んでいる。

ガレージのある暮らし

ドライブが趣味の夫は、愛車の整備にも余念がない。
今朝も早くからガレージにこもって一所懸命。
以前の私はそんな夫に少し腹を立てていたけれど、今はあまり気にならない。
ガレージのシャッターを開ければ、庭のお手入れをしながら会話ができるし、
庭で遊ぶ子どもたちとコミュニケーションもとれる。
ガレージが広くて、庭仕事の道具やキャンプ用品を収納できるのもお気に入り。
家の中が汚れないうえ、出し入れもスムーズだから、家族でアウトドアに出かける機会も増えた気がする。
「ねぇ、パパ、今度またキャンプに行こうね」

ハンモックのある暮らし

「わぁ、素敵。ねぇ、座ってみてもいい?」
我が家を訪れる友人が、そろって目を輝かせるハンモック。
海外のリゾート地で体験して以来、いつかは自宅でと夢見ていた。
「ブランコみたい。楽しいね」
すっぽりと体を包み込む大きな布は、寝そべると心地よい浮遊感に誘われて、つい眠ってしまう。
けれどもソファのように座ると、ゆらゆら揺れて楽しい。
「そうなの。子どもたちにもいい遊び場になっちゃって」
ハンモックに揺られてゆったりと過ごす午後はもちろん素敵だけれど、
こんなふうに、ハンモックを中心に家族や友人とのコミュニケーションが弾むのも悪くない。

ガーデンのある暮らし

朝、カーテンを開けた時に見える庭が好き。鮮やかな緑に、色とりどりの花。
朝露に濡れた花の香りも瑞々しい。
住人の共同ファームには季節の野菜が実り、子どもたちと収穫を楽しむ。
予定が合えば、近所のママたちと芝生でお茶会。
いつもそばに豊かな緑を感じる、そんな贅沢な暮らしが都会で叶うなんて、本当に幸せ

いつもの時間が、特別になる。