平屋のメリット・デメリット

いざ、平屋を購入する前に知っておきたいメリットとデメリットを紹介。
これからのライフスタイルと照らし合わせて、
実際のイメージを膨らませましょう。

天井の高い開放的な空間

平屋メリット1天井の高い開放的な空間

大胆に梁を出したり、
ハンモックを吊るしたり、勾配天井にしたり。
2階がないぶん天井高を気にすることなく、

自分らしいおしゃれな空間をつくることが
可能です。

家事導線がスムーズ

平屋メリット2家事導線がスムーズ

階段の昇り降りがないから、洗濯を干したり、
掃除機をかけたりと日々の家事がスムーズ。

家事を効率よく済ますことができるぶん、
時間を有効的に使えます。

家族のコミュニケーションがとりやすい

平屋メリット3家族のコミュニケーションが
とりやすい

たとえば1階にリビング、2階に子供部屋がある場合、ママが家事をしているあいだ、子どもが部屋で何をしているのかわかりません。
また、子どもが大きくなると部屋にこもりきりになり、いつ家に帰ってきて、いつ家を出ていったのかわからない、なんてことも。
平屋だと、たとえ子供が部屋にこもっていてもなんとなく気配を感じられますし、

出入りの際に顔を合わせることで、
コミュニケーションがはかれます。

スペースを有効活用できる

平屋メリット4スペースを有効活用できる

2階建て住宅の場合、子どもが独立したあとの部屋がその後長い間物置になってしまったり、年を取って階段の昇り降りが辛くなると、ほとんど2階へ行くことがなくなったり。せっかくのスペースを無駄にしてしまうことが少なくありません。平屋の場合、階段がない分もともとの収納が広いことが多いため、子どもが独立したあとも部屋が物置になることがありません。また、老後の夫婦2人のスペースを拡充できるため、例えば介護用ベッドを入れるなどの対応も可能。

長期的にスペースを有効活用できる
メリットがあります。

構造的な危険が少ない

平屋メリット5構造的な危険が少ない

2階建て以上の住宅で心配な、「子どもが階段から落ちる」危険がないことはもちろん、火災や地震などの場合も、家の中のどの部屋にいてもサッと非難することができます。
また、住宅そのものの高さが低いため、家の構造そのものが強いのも特徴。

台風や地震の際の危険度が下がります。

other

平屋のデメリット

1.ある程度の広い土地が必要

同じ専有面積なら2 階建てに比べて広い土地が必要です。
その分土地のコストがかかるため、都会での平屋は難しいとされていましたが、
拓匠開発ではもともとある自然林を「借景」することで、
庭がなくても緑を楽しめる平屋を提案。
また、平屋だけの街をつくることでコストを下げ、東京に近い千葉で、
「都会での平屋暮らし」を実現しています。

2.防犯対策が重要

すべての部屋が1階だから、
どの部屋で寝るにしても泥棒などが侵入する危険があります。
そのため、拓匠開発では街そのものを塀で囲う「ゲーティッドタウン」や、
車の通り抜けができない「クルドサック」を採用するなど、
住民以外の人や車が入ってきづらい街づくりをしています。

3.プライベートな空間が確保しづらい

階段によって、1階と2階の仕切りが生まれる2階建て住宅に比べると
プライベートな空間を取りづらいのが難点ですが、
間取りを上手く工夫することで、家族の気配を感じながらも
プライベートを確保できる空間づくりが可能です。

拓匠開発が手掛ける平屋の街!「モリニアル野田みずき」を 詳しく知る。