INTERVIEW 社員インタビュー

用地仕入

2017年入社
都市開発事業部
日野原 拓也

強い意思を持って臨めば
どんな仕事でも任せてもらえる会社

私の仕事は、用地仕入れです。土地の情報を仕入れ、現地を視察し、その土地が持つ可能性を判断し、最終的には用地としての売却まで手掛けています。

もともと父親が設計士で子供の頃から不動産や建築に触れ合う機会が多く、新卒で入社したのは不動産会社でした。その後ヘッドハンティング会社に転職したのですが、2014年に拓匠開発と出会い、街づくりに対する本気の想いに触れ、街づくりに携わりたい気持ちが再燃し、入社を決めました。

拓匠開発のいいところは、強い意思を持って臨めばどんな仕事でも任せてもらえること。役職や入社年度に関係なく、社員の提案に耳を傾けてくれるのでチャレンジし甲斐があります。6年振りに不動産業界に戻り、不安な部分もありましたが、仕入れ営業を開始して2ヶ月で成約をまとめることができ、会社の最短記録を塗り替えられたことが一番記憶に残っています。

成約に繋がった一番の要因は、技術力の高い社員が創意工夫して事業として成立するように仕上げてくれたことですが、そのような仲間が揃っている拓匠開発の人財力を改めて感じました。拓匠開発では「こうした方が良い」という改善提案や新規提案が握りつぶされるようなことはありません。どんどん若い人の感性を取り入れ、より進化した会社にしていきたいですね。

TOPへ戻る

中途採用エントリーフォームへ

新卒採用エントリーはこちらから マイナビ2019

拓匠開発
拓匠開発は、多様な性を尊重し、採用や就業に関して性的志向、
性同一性を理由とする差別やハラスメントは一切行いません。