VOICE002

今井さん
(モリニアル都賀南)

今回はともに千葉のご出身の今井さんご夫妻にお話を伺いました。
都内にお勤めのご主人と、11ヶ月のお子様と奥様のご家族です。
豊かな森を背後に抱いた今井さん宅、実は当社拓匠開発が手がけた初めての平屋の家でもあります。

01 (1)

探していたのは開放感と一体感

お話はまず、どのような条件でお住まいを探していらしたのか、というところから始まります。
ご主人が最優先にした条件はずばり「天井が高くて開放感のある家」とのこと。
家族が集まるリビングを作りたい、その空間を開放的で居心地よくしたい、との強い思いを語っていただきました。
事実、今井さん宅のリビングは、天井が高いうえに高窓からの採光もあって、明るく開放的な空間となっています。
まさにご主人の理想とする空間ですが、とはいえ、家探しの段階では必ずしも平屋にこだわってはいなかったご主人。

一方、平屋に対する思い入れがあったのは奥様でした。
「私の実家は2階建てだったのですが、洗濯物を干したり取り込んだりで家の中を上り下りするのが大変そうだなぁ」と常々思われていたそうです。
「ワンフロアの生活だったら自分たちが将来年をとっても家の中の移動が楽ですし、子育てをするうえでも常に子どもの気配を感じられますから安心です。」

天井の高い開放的な空間、移動の負荷が少なく家族の存在を身近に感じられるワンフロア、それらの条件を満たしたのがモリニアル都賀南の平屋の家だったようです。

03 (1)

気に入っているのはやはりリビングですね

お住まいの中でお気に入りの点を伺ったところ、ご主人はやはりリビングを挙げてくださいました。
「リビングは家族の集まる場にしたかったので、実際に家の中でここがメインの空間になっていて、とても気に入っています」
「あとは、個人的なことを言うとスピーカーを取り付けられたことがよかったですね。天井が高いと音の響き方が全然違うので、平屋じゃないとこういうことは出来なかったのかなと思いますね」
02 (1)
満足そうにスピーカーを見上げるご主人に奥様から一言。
「でも私から見ると主人はロフトも自分の空間として気に入ってそうですよ。」
今井さん宅のキッチンの上部はロフトになっていてリビングダイニングからはしごでアクセスできます。
今は物を置いたりといった用途に使われているようですがゆくゆくは趣味の空間にしていこうとご主人は考えておられるようです。

04 (1)

開放感はお風呂にも

今井さん宅で特筆すべきはリビングだけではありません。
お風呂にはウッドデッキが併設され、なんと湯船からあがってそのまま外に出られる構造になっています。
目の前はもちろん緑あふれる森です。
「たまに朝風呂に入るんですが、そのときはふらっとデッキに出ちゃいますね。」
開放感を大事にされるご主人、その思いはお風呂にまで体現されているようです。

05 (1)

多機能なキッチンスペース

「私としてはキッチンスペースが気に入っています。」
もともと既製品を購入しようとお考えだった奥様ですが、様々な工夫が施された作りつけの食器棚に満足されているようです。
「引き戸なので地震の時、扉がいきなり開いて食器が飛び出す危険が少ないかなと思いますし、炊飯器を置くスペースは湯気を回避するよう前方にスライドできるようになっています。棚の配置を少しずらして、コーヒー関連の品物を収納するスペースを作ってもらいました。」
「世界に一つだけのキッチン」と思わずつぶやかれた奥様ですが、まさにその通り、使う人のことを考えたアイデア溢れるキッチンですね。

06 (1)

統一感のあるインテリア

テレビ台と隣のテーブルはセットで、前の家からの持ち込みだそうですが、今のお宅にもフィットして全体として統一感のあるすてきなインテリアとなっています。
「もともとこういう木の感じが好きなんですよね」
ご主人のこだわりがインテリアにも反映されていますね

07 (1)

平屋をご検討の方に何かアドバイスなどお願いできますか

「平屋の良さは動線のシンプルさ、どの空間にもアクセスしやすいところですね。
子育てしやすいし、自分が年をとった時も安心ですね。」とご夫婦が口をそろえてお話くださいました。
「東京に通勤しているんですが、平屋に住んでいると話すとみんな驚くんです。やはり平屋は土地を贅沢に使いますし、東京では考えられないですから。」とご主人がご自身の経験をもとにお話くださいます。「都内に勤める人も住まいについては大きく二分されると思うんです。利便性と住み易さ、どちらを取るか。私は住み易さを取りました。」

おっしゃる通り、東京都心では実現が難しい平屋ですが、通勤圏内に平屋を構えることは十分可能なのです。
また、拓匠開発が提案するのは単体としての平屋ではなく、平屋の街、連棟する平屋です。
それは、隣地に対して日照や眺望の面での配慮があり、全体として調和のとれた美しい景観の街なのです。