VOICE003

Nさん
(モリニアル都賀南)

今回お話を伺ったのは、平屋の生活を始めて1年弱、
この春には待望のお嬢様がお生まれになったNさんご夫婦です。

01 (2)

「平屋は金額が高いから絶対無理」
そう思い込んでいて、候補にもなっていませんでした

まずは、家探しの過程から平屋をご購入に至るまでの経緯を伺いました。
「平屋に対する憧れはありましたが、金額が高いから絶対に無理だろうという先入観がありました。」
そうおっしゃる奥様、実際家探しの段階では平屋は候補に入っておらず、
二階建てが普通だと思い込んで探していらっしゃったそうです。

Nさんご夫婦が最初にモリニアル都賀南を訪れた理由も、
平屋街区に併設されている二階建て街区の土地をご覧になるためでした。
「そのとき一号棟(平屋)が建つ途中だったのです」
当時、一号棟は上棟を終え、数十日後の完成を目指して建築中でした。
価格を聞いたところ、なんとか検討できる範囲内「…これはもしかしたらいけるかも」。

一号棟の完成を待って、ふたたびNさんご夫婦はこの地を訪れることになります。

03 (2)

決め手は、立地と平屋の空間的魅力でした

「長く住むことを考えると値段だけではない」
そういうお考えのもと、様々な住宅を見てまわられたNさんご夫婦、
モリニアル都賀南の平屋の家以外に興味を惹かれたお宅は無かったのでしょうか。

「床暖房などの住宅設備が充実したメーカーさんがあって、
そこには興味を惹かれました。」
とのことです。
充実した住宅設備か、平屋の生活環境か、
悩みながら検討を重ねた結果、平屋を選ぶことになります。

「JRの駅から徒歩圏内で買える平屋は他に無いだろうな。
それに設備は後からでも追加できますし。」

02 (2)

天井が高くて空間が広く感じます。デッキからの眺めが気に入っています。

Nさんご夫婦が平屋に移り住んで1年弱、その印象を伺ってみました。
「天井が高くて広いですね。それにとても明るいです。」
白い壁とナチュラルな木目が基調となったリビングダイニングキッチン。

キッチン上部にはロフトがあって、非常に開放感あふれる空間となっています。
そして、視線は自然と戸外の森へ。
「デッキからの眺めも大変気に入っています。」
敷地に隣接する自然の森を存分に堪能できるウッドデッキ、Nさんご家族とごく限られた人だけの贅沢な空間です。

04 (2)

趣味のドラムをご自宅で

音楽が趣味のご主人、リビングの隅の方ではギターやベースと並んでドラムセットがひときわ存在感を放っています。
「高校生の時ギターやベースをやっていて、ドラムは社会人になってから始めました。」

平屋に移る前は社宅にお住まいだったNさんですが、当時は趣味のドラムを楽しむことはできていたのでしょうか。
「社宅でしたし、部屋が2階だったのもあって、ほとんど演奏できませんでした。」
電子ドラムとはいえ、振動は発生します。階下のことを考えると仕方ないですね。

「今は、平屋で1階なので騒音や振動を気にせずに楽しんでいます。」

05 (2)

ルンバは平屋で大活躍?

平屋にお住まいの方から「ルンバは平屋で重宝する」というお話をよく伺います。
Nさんのお宅でもルンバをお使いとのことですが、ご感想はいかがでしょうか。
「とても助かっています。うちの場合はドアを閉めてリビングならリビングだけに使用し、それが終わったら廊下だけを、次に寝室だけ、というように範囲を区切って使用しています。」
各お部屋を念入りに奇麗にしたい場合はNさんのような使い方もいいですね。
1フロアなのでルンバを持って階段を行き来する必要がありませんので、1台で全てのお部屋の掃除もでき、楽ちんですね。

06 (2)
Nさんのお宅で素敵な一角を拝見しました。

何ともいい味が出ている収納家具ですが、これらは奥様のご実家からお持ちになられたものです。
なんと奥様がお生まれになる前からご実家でお使いになられていたものなのだそうです!

平屋の持つどこか牧歌的な空気に融合しつつ、カフェやインテリアショップを思わせるモダンな雰囲気を作っています。