VOICE004

加藤さん
(モリニアル鵜の森)

unomori-k8

「普通の戸建とは違って、雰囲気のいい所だなぁ」

モリニアル鵜の森に隣接したマンションにお住まいだった加藤さんご一家、
目の前で新しく街が作られていく様を見ながら、そんな感想をお持ちでした。
当時はお子さまがお生まれになり、お住まいのマンションが手狭に感じ始めていた頃でした。
お住まいをお探しになる中でふらっと訪れたのがモリニアル鵜の森との最初の出会いとなります。

02

徐々にマンションという選択肢は薄れ戸建限定に

当初、加藤さんは戸建に限らず、マンションも選択肢の一つとしてお探しになっていたそうです。
ただ、お子さまとワンちゃんがいて音の心配があり、戸建の方が安心かなというのと、ご主人のご趣味であるサーフボードを含め、荷物が多いので収納の面で戸建限定へとシフトしていきました。

07

戸建での生活を始めて

「戸建は家のすぐ前に車を停められるのでとても便利です。
以前のマンションと比べて広いですし、庭もありますので、子どもも犬も楽しそうに走り回るんです。
この夏は庭でプール遊びが出来ました。
そういったことはマンションでは難しいですから、戸建でよかった点ですね。」

住み始める前と比べての印象を伺ったところ、現在は周囲に徐々に家が建ち始めて、緑も豊かになってきて、随分雰囲気が良くなってきたそうです。
お住まいをお探しになる際の条件として挙げていた収納力にもご満足のようで、シューズクロークの一部をサーフボード置き場としてご使用になるなど、工夫して効率よく収納スペースをご利用されているようです。

06

新築戸建てを検討されている方へ

「既にある街並の中に建てるという選択肢もありますが、
モリニアル鵜の森のように街全体として出来上がっていく場合、
周囲との調和のとれた綺麗な街並も一緒に手に入るというメリットがありますね。」

「また、近隣の住民には子どもが同じくらいの年齢の世代が多いので、
子ども同士、親同士の交流が生まれやすいかもしれませんね。
先日も住民が集まってバーベキューをしたそうで、このようにご近所同士が仲良くしやすいのは
分譲地ということで皆さんが一斉に入居するからこそですよね。」

05

都内へも、海へも

1時間弱の通勤時間をかけて都内にお勤めのご主人、週末には九十九里へサーフィンに繰り出します。
「近いポイントだとここから40分くらいで行けますのでとても便利です。
都内に行くにも海へも行くにもアクセスしやすくとてもいいところです。
あと、青葉の森公園が近いのでよく子どもを連れて行きます。」

04

「家族のコミュニケーションが増えました」

加藤さん宅は、リビングダイニングとキッチンがひとつの空間でつながっており、3面からの採光が明るく開放的な家族憩いの場を演出しています。
以前にお住まいのマンションはキッチンとダイニング・リビングが分かれていたそうで、その当時と比べご家族とのコミュニケーションが増えたそうです。
お子さまも目の届く範囲に居て安心して生活ができるそうです。