拓匠開発のCSR の考え方

新しい「街」が生まれた時、その街を育てていくのは、街に住まう「人々」です。 だからこそ私たち拓匠開発は、住民専用の公園やBBQ スペースなど、住民同士のコミュニケーションが自然と生まれるような「環境」を整える工夫をしています。

そうしてコミュニティが形成されると、街はより住みやすくなります。
住みよい街への愛着は、そのまま自分たちの環境を守り育てる意識を高め、コミュニティのさらなる発展につながり、良好なコミュニティが価値の高い街を育てる…

そんな、豊かな暮らしのために大切な「人」「環境」「街」が、それぞれに良い影響を与えながら成長していく。私たち拓匠開発は、そんな街づくりを目指しています。


コミュニティスペース“椿森コムナ”で地域活性化

私たち拓匠開発は「木」と「家」を扱う企業として森を守ること、
育むことが重要であるとの考えから、
2013 年、長野県の「千年の森ツリーハウスの街」で
森の環境を保全する仕組みに賛同しました。

「人の手を加えることにより、健康な森を維持していくことができる」という
この仕組みは、森に陽射しがはいるよう計画的に木を伐採し、
その木でツリーハウスをつくることで、
森と樹木を有効活用するというものです。

今回(2015 年)、私たちはこの経験を活かして、
千葉市中央区椿森にツリーハウスをシンボルとした
コミュニティスペース「椿森コムナ」をつくりました。

親子連れからご年配の方まで。新たな地域交流の拠点に

千葉公園の目の前に位置する「椿森コムナ」。

元は戸建分譲用地として購入した土地ですが、
そこに残る樹齢を重ねたイチョウや樫の木を生かそうと、ツリーハウスを設置。

子どもも大人も集えるコミュニティスペースを作ることで地域活性化を目的にプロデュースしました。

また、ただ「場」を提供するだけではなく、多彩なイベントも開催。
積極的に「人が集まる」環境を整えることで、新たな文化や、世代を超えての交流が生まれています。

木や自然に触れ合う体験教室も開催

  • ・木職人による、木の時計づくり体験
  • ・子供ダンス体験教室
  • ・ヨガ教室

コミュニティの生まれる街づくり

私たち拓匠開発が「街づくり」において大切にしていることは、
永く住み続ける事で分譲地全体の資産価値が向上する街づくりです。

そのため、配棟計画や道路形状、共同スペースなど、
コミュニティが生まれやすい配置を考えた街づくりを行っています。

また、住民の方の生活がはじまった後も、街の管理や保全など、
地域コミュニティに積極的に関わることで、その後も資産価値形成のお手伝いをさせていただいています。

コミュニティが生まれる街づくり一例

  • ・緑に多くふれあう暮らしができる、緑化率の高い街づくり
  • ・千葉市で唯一認められたレンガ舗装のクルドサックで、子どもたちが安心・安全に遊べるスペースの確保
  • ・住民とともに成長していくシンボルツリーの植樹
  • ・住人専用のガーデン広場やBBQ スペース、農園の設置
  • ・あえて隣家との境界をなくしたオープン外構

ここに住まうことで「毎日が満足できる」「心が安らぐ」。
“モノ”ではなく“幸せ”と“満足”という
無形の価値観を共有できる街づくりを大切にしています。

拓匠開発は「ちばエネルギーエコ宣言事業所」に登録されています

  • 1. クールビズ、エアコン設置温度の適正管理を積極的に取り組んでいます。
  • 2. 両面プリント、コピー紙の裏紙使用を徹底し、紙の使用量を削減しています。
  • 3. 電気自動車「コムス」を導入しています。
  • 4. 屋上及びベランダの緑化、グリーンカーテンを設置をしています。
  • 5. 長野県「森のくらしの郷千年の森自然学校」と協力し、「木」と「家」を扱う企業として、ツリーハウスの街による森林保全活動を実施しています。
    (2014 グッドデザイン賞受賞)